プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

サステナブルのメリット・デメリット

5 Oct 2021

こんにちは!株式会社ベジタリアンブッチャージャパンの広報担当部です。今回も表題について記事にさせて頂きます。

サステナブルのメリット・デメリット

「持続可能な」ことをテーマに社会や環境とのかかわりあいを模索するサステナブル。その言葉に合わせて様々な企業がサステナブルの導入を進めています。サステナブルの導入にはメリットがあるため、それを得るのが目的といってよいかもしれません。どういったメリットがあり、同時にどういったデメリットもあるのでしょうか。

画像1

今回はサステナブルの導入するときに発生するメリットとデメリットについてお話します。

【サステナブルのメリット】
サステナブルを導入するとどんなメリットが発生するのか見ていきましょう。

まずは「経営の方向性を正せる」というメリットです。たいていの企業は志を持って経営をしています。ですが人員を増やすといろいろな価値観が混合したり、経営危機に陥ってやむを得ない手段に出たりといった事情で当初の志を失ってしまうことがあります。

画像2

そうしたときに役立つのがサステナブル。持続可能をモットーに社会と環境に配慮するサステナブルを導入すれば、当初の志を思い出して原点に立ち戻ったり、社員全体で共有できる志を打ち出したりできます。企業の統率に悩んでいましたらサステナブルを導入してみてはいかがでしょうか。

画像3

2つ目は「電気代やガス代が節約できる」というメリットです。会社では半日近く社員を拘束することから、電気やガス、水道代といったライフライン関連の料金が発生します。少人数であれば問題はないですが、人が多くなるほど請求額は大きくなり、時には会社経営に大きな影響を与えます。

ライフラインの費用が気になったときはサステナブルの導入がおすすめです。サステナブルの活動にはエネルギーの浪費を抑えるというのがあるため、適切に運用できれば電気代やガス代などを節約できます。そうしたライフラインを節約できれば経営にも余裕が出てくるようになります。

ただしライフラインの費用は削りすぎないように気を付けてください。削り過ぎると本業に支障が出てしまい、経営そのものが不振に陥る場合があります。


【サステナブルのデメリット】

画像4


逆にサステナブルにはどういったデメリットがあるのでしょうか。

「成果が中途半端になる場合がある」ことがデメリットとして挙げられます。
サステナブルは本業に大きな影響を与えるものです。本業の末節部分を変えるならスムーズに実現できるかもしれませんが、本業の根幹部分に対してサステナブルを導入する場合は、関係者に了承を得たり影響や変化を正確に予測したりとかなりの労力を要します。

そうした面倒くささを嫌がり、末節のどうでもいい部分だけでサステナブルにすることはことのほか多いです。その結果として成果が中途半端になることがあります。

「本業がおろそかになりやすい」のもデメリットです。断固たる意志で本業の根幹部分にサステナブルを導入するのは良いことですが、本業を揺るがさないようにしてください。サステナブルを導入したために本業の売り上げや利益が低下したら、多くの社員が被害を受けてしまいます。

企業は営利団体です。もしもサステナブルによって売り上げや利益が低下してしまうと、サステナブルを行うための人員やリソースを削らないといけません。そうしたことにならないためにも本業の売り上げや利益はしっかりと意識しておきましょう。

★☆まとめ☆★
企業の事情はそれぞれであることから、サステナブルを導入したときに発生するメリットやデメリットもそれぞれです。そのためここで紹介した以外のメリットおよびデメリットも発生することがあります。

どのようなものが発生するのかは実際に導入してみないとわかりませんが、何が起きてもいいように準備は行うようにしましょう。

画像5