プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

プラントベースでダイエットするときに注意してほしい3つのこと

5 Oct 2021

こんにちは!株式会社ベジタリアンブッチャージャパンの広報担当部です。
今日も表題について記事にさせて頂きます。

肉類などのカロリーが高い食べ物をできるだけ避けて、野菜や果物などを中心に食べる生活をするのがプラントベース。低カロリーなものだけを食べることからダイエット効果が高く、健康よりもダイエットを目的としておこなっている方もいます。

そうしたダイエット効果の高いプラントベースですが、やり方には少し注意が必要です。今回はプラントベースでダイエットするときに注意すべきことを3つ紹介します。


【いきなり完全なプラントベースにしない】

「ダイエットは明日から」はダイエットをしよう!と、思っていても実行しない人の言い訳です。そのためダイエットをするときは、決意したらすぐに始める必要があります。幸いプラントベースのダイエットは始めやすいのですぐに始められるのですが、一つだけ注意点があります。

それが「いきなりすべてをプラントベースにしない」ことです。プラントベースでは肉や脂など高カロリーな食べ物は避けるようにします。ですが人には遺伝子の影響で、高カロリーな食べ物が食べたくなるという欲求が存在しています。

肉類をいきなりカットしてしまうと体が強く肉や脂を求めるようになるなど、体にストレスを与えかねません。ダイエットのためとはいえ、我慢することはできるだけ避ける必要があります。

そのためプラントベースダイエットを始めるときは3食すべてをプラントベースにするのではなく、朝昼晩から1食だけをプラントベースにして、慣れてきたら2食、3食と増やすようにしましょう。


【植物性たんぱく質をしっかりとる】

野菜や果物は低カロリーかつビタミンが豊富にありますが、そればかり食べているとある栄養素が不足するので注意が必要です。

不足しやすい栄養素がタンパク質。プラントベースダイエットをするときはタンパク質を意識して取らなければいけません。髪の毛や肌などはタンパク質でできているように、体の大半はタンパク質で構成されています。もしもタンパク質が不足してしまうと、髪の毛にコシがなくなったり肌にハリがなくなったりと、体によくないことが起きるようになります。

せっかくプラントベースダイエットで痩せたとしても、キレイな体にならなかったら元も子もありません。そのためプラントベースダイエットをするときはタンパク質をしっかりととるようにしてください。タンパク質をとる時は豆乳や卵、ヨーグルトなどからとることがオススメです。


【油を減らしていく】

プラントベースダイエットをするときは、油の摂取量も減らしていくようにしてください。「野菜や果物を食べるから油なんてとらない」と思う方もいるでしょう。ですが野菜などをたくさん食べると、知らず知らずのうちに油も多く取っていることがあります。

サラダであれば野菜しか使わないので低カロリーのように思えますが、意外と油分が多かったりします。理由はドレッシング。サラダを食べるときに使うドレッシングは野菜を食べやすくする目的で油が多くつかわれています。

そのためプラントベースでダイエットするときは、ノンオイルドレッシングを使うなど油を減らしていく工夫もしていかなければいけません。いきなり油をカットするのも大変かと思いますので、いきなりすべてをカットせず、少しずつ減らすようしましょう。


☆まとめ☆

プラントベースは野菜や果物をたくさんとることから、健康に良くダイエット効果もあります。ですがただ野菜や果物を食べるだけだとタンパク質が不足したり、油の摂取量が多くなったりと注意すべき要素もそれなりに存在しています。

プラントベースでダイエットするときは、注意すべきところはしっかりと対策を取ってから行うようにしてください。