プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

プラントベースとヴィーガンの違い

5 Oct 2021

プラントベースとヴィーガンの違い

新たなダイエット方法として注目されている「プラントベース」。野菜など低カロリーな植物性のものをたくさんとることで、スリムな体を作ろうとします。そうしたプラントベースの話を聞くと「プラントベースってヴィーガンと同じだ」と思う人が少なくありません。

実際にプラントベースとヴィーガンは植物性のものをたくさん食べるという共通点はあるものの、そこに至るまでの考えが違うなど異なる部分がかなりあります。今回はプラントベースとヴィーガンの違いについてみていきましょう。

画像1

倫理のために取り組むか、健康のために取り組むか
ヴィーガンとプラントベースの違いとしてわかりやすいのが「理念」です。

ヴィーガンは「倫理」のために動物性のものを食べないようにします。食べ物を制限することの根底にあるのは「動物たちの保護」です。動物たちも人間と同じく生きているのだから、彼らの命を尊重して食べないようにすることを理想としています。

画像2

そのため植物性に見えるものであっても、動物由来のものがあれば食べないようにしています。その例が「ゼリー」。一見すると動物性のものではないように見えますが、ゼリーの原料であるゼラチンには豚の皮や骨が使われているため、ヴィーガンの人は基本的にゼリーを食べません。

画像3

プラントベースは「健康」のために植物性のものを食べるようにします。 動物の肉は脂肪分も多く含んでいることから、カロリーやコレステロールが高いという厄介な性質をもっています。そのため肉食中心の生活をすると高脂血症や動脈硬化など様々な病気を引きおこすようになります。

逆に野菜など植物性の食べ物をたくさん食べるようになったらどうなるでしょうか。植物性のものは脂肪などがほとんどなく、低カロリーであることから病気になりにくくなります。

画像4

そのためプラントベースでは「低カロリー」な植物性の食べ物を積極的にとることで、病気に苦しまない健康的な生活ができることを目指します。


☆消去法と積極性の違い☆
ヴィーガンとプラントベースは「植物性の食べ物を中心にとる」ことは共通しているけれど、その答えに至った理由がそれぞれで違っています。

ヴィーガンは動物性植物を食べないことを目的にしています。意識するのは動物性かどうかであり、言い換えれば植物を食べることに関しては肯定も否定もしていません。

一方でプラントベースは「積極的に」植物性の食べ物を食べます。プラントベースの目的は「自分の健康を増進すること」です。自身の健康を増進するにあたり、動物性の食べ物よりも植物性の食べ物のほうが多くのメリットがあったことから、植物性の食べ物をたくさん取るようになりました。

プラントベースでは動物性の食べ物の摂取は実のところ禁止されていません。そのため肉など動物性の食べ物を食べてもいいのですが、自分の健康のためにあえて食べることはしません。

画像5


☆★まとめ☆★
ヴィーガンとプラントベースは植物性のものをたくさんとることは共通しています。もしも友達などがヴィーガンとプラントベースを同じものと認識していましたら、ここで書いたことを説明してみてはいかがでしょうか。

7