プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

代替肉にデメリットってあるの?欠点を知って安全に食べよう!

14 Nov 2021

どんなものでも、興味を持てばメリットやデメリットを比較されるのではないでしょうか。

まだ世の中に浸透しきっていない代替肉は、余計に該当します。

ですが、代替肉のデメリットをしっかり把握しておけば購入する支障にはならないため、事前に知っておくべきだと言えます。

今回は、代替肉のデメリットについてお話ししますので、参考にしてみてください。

代替肉のデメリットってどんなの?

どんな優れたものでも、メリットは当然ありますがデメリットも隠されているものです。

では、代替肉のデメリットについて見ていきましょう。

代替肉はまだまだ知名度が低い

お肉と言えば、何をイメージしますでしょうか。

きっとほとんどの人は、牛肉や豚肉、鶏肉をイメージされるはずです。

普通の牛肉や豚肉と比較しますと、代替肉はまだまだ知られていない存在と言えます。

普通にスーパーマーケットに足を運んでも、代替肉を全面的におしだしているお店は限られているからです。

代替肉は世界中で注目されていますが、まだまだこれからといっても過言ではありません。

美味しさは改善の余地がある

代替肉は、牛肉や豚肉とまったく遜色がないというわけではありません。

しかも、製造しているところによって美味しさのレベルが異なります。

たとえば単純な肉の置き換えや、肉っぽいものはあきらかにお肉ではなく何か違うものを食べているように感じられるはずです。

さらに上のレベルになりますと、焼くところまでお肉と間違えるようなものになりますし、それ以上になりますと、お肉以上のものが提供できるようになります。

コストが高め

代替肉はコストが高めというデメリットがあります。

代替肉の仕組みの関係で、なかなか大量生産できなかったり、材料そのものが高騰していたりするからです。

究極を言いますと、牛肉よりも安くそして味も美味しければ代替肉は想像以上に人気が加速すること間違いありません。

将来的に精肉店の仕事がなくなる可能性

将来的に、代替肉がお肉にかわるメイン食品となるのは間違いないはずです。

しかし、今まで食べてきた牛肉や豚肉の需要が減るため、それらを生業にしている業界の仕事がなくなる可能性があります。

もちろん、時代がすすめば淘汰される職業もありますし、新たにでてくる職業もあるため仕方のないことなのかもしれません。

代替肉のメリットについて

代替肉にはいくつかのデメリットがありますが、それ以上にメリットの存在が大きいです。

将来的にすべての人の食を解決する救世主

みなさんは、将来的に人口の数はどうなると思いますか。

実は、2050年には世界人口は100億人に急増すると言われています。

2021年現在の世界人口は約78億人ですから、30年あまりで20億人ほど増加するというわけです。

日本では少子高齢化が叫ばれており、人口が減少していますが、海外では逆に人口が増加していく可能性があります。

当然、人口が増加した分の家畜を育てなければなりませんので、それらに関わる資源がたくさん必要になってきます。

結果的に、森林破壊や温室効果ガスの排出などの環境破壊の原因になってしまいます。

代替肉であれば、温室ガス排出を最大限削減できるため、将来的な主食として活躍してくれることでしょう。

動物を犠牲にしなくてもいい

世界はとても広いですが、人口が増加し続ければその分の家畜が必要になってきます。

残念ながら、世界は広いですが牧場などを拡大し続けるのは困難と言えます。

将来的に牧場内も、家畜たちであふれかえってしまうため、環境としてはあまりよくありません。

また、人口増に伴い、多くの家畜が犠牲になることを考えますと、代替肉は非常に優れた食べ物だと言えます。

代替肉がメジャーになれば、多くの家畜を必要としなくなるため犠牲を減らせます。

動物にありがちな感染症の心配がない

人間をはじめ、動物には感染症にかかるというリスクがあります。

とくに、今回発生したコロナウイルスは、あまりにも未知のことであったため、長い間世界をパニックにおとしいれました。

それは家畜などの動物にも言えることです。

鳥インフルエンザは、名前の通り鳥類が感染動物ですが、人間にはまれに感染する可能性があります。

とくにコロナウイルスのような未知のものであれば、人から人に感染をしてしまい生活そのものを脅かしてしまいます。

脂身が少ないため肥満の原因になりにくい

代替肉であれば、植物由来で作られているため、そもそも感染症にかかる心配が少なくなります。

お肉と言えば、多くの脂身がついているため、食べ過ぎてしまうと肥満の原因になってしまいます。

牛肉や豚肉はとても美味しい反面、動物性たんぱく質を摂取しすぎると私たちの体に悪影響を及ぼす可能性があります。
代替肉は大豆などを主に利用されているため、植物性タンパク質ということもあり、脂肪が少なく肥満や病気に繋がりにくくなります。

お肉の動物性たんぱく質が気になる場合は、代替肉の植物性たんぱく質で代用できます。

完全菜食主義者からも歓迎される

世の中には、さまざまな事情があってお肉を食べられない、もしくは食べない人がいます。

たとえば、完全菜食主義者などが該当します。

完全菜食主義者はヴィーガンとも言われ、動物性食品を一切食べない人のことを指します。

ですが、完全菜食主義者でもお肉を食べたいと心の底から思うこともあるはずです。

代替肉は動物性食品ではなく、大豆をメインに使った食品のため、多くの完全菜食主義者に歓迎されている傾向にあります。

代替肉は味も食感も良い

代替肉といってもさまざまな商品が販売されていますが、基本的に味も食感も良いというメリットがあります。

なぜなら、多くのメーカーが真剣にお肉に近い味や食感、見た目を研究しているからです。

ものによっては、普通のお肉と違いが分からないくらいの品質なため代替肉は多くのユーザーに支持をされています。

代替肉はデメリットよりもメリットが強い

代替肉のデメリットとメリットを比較しましたが、やはりメリットのほうが強い傾向にあります。

とくに、将来は代替肉が牛肉や豚肉にかわっての主役となりうる存在のため、絶対に知っておくべきです。

また、代替肉は健康面でも安心ですし感染症などの心配も少ないため、たくさんのメリットがあります。

代替肉はどこで購入できるの?

代替肉は一般のスーパーマーケットなどでも買えますが、そこまで多くの商品はありません。

また、場所によっては取扱いのないお店もあるかもしれませんので、探す手間も時間もかかってしまいます。

でしたら、探す手間のことも考えて通販で利用してみてはいかがでしょうか。

代替肉は、インターネット通販で気軽に購入できます。

代替肉をお探しなら通販で購入できる「ベジタリアンブッチャージャパン」へ

代替肉をお探しなら、ベリタリアンブッチャージャパンにお任せください。

当社は代替肉の通販はもちろん、日本初のフードシェアリング店やアジア初の代替肉専門の肉屋などを運営しています。

通販サイトでは、代替肉を使用したチキンナゲットやバーガー、ツナなど低カロリーで低脂質なものを取り揃えております。

代替肉のデメリットのまとめ

代替肉と聞くと、デメリットはあるのかどうかが気になるものです。

実際にメリットだけではなくデメリットも知ることでしっかり比較できますし、全てを知れば安心して代替肉を食べられるようになるのではないでしょうか。