プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

大豆ミートとは何?人気の秘密や将来必要不可欠な存在になる理由について徹底解説!

18 Nov 2021

みなさんは、大豆ミートの存在を知っていますでしょうか。

大豆ミートはソイミートとも言われ、お肉を一切使わない植物性の食材です。

そんな大豆ミートが、今人気を集めていることをご存知でしたでしょうか。

そこで今回は、大豆ミートの人気の理由やおいしさの秘密についてお話ししますので参考にしてみてください。

そもそも大豆ミートとは?

大豆ミートとは、牛肉や豚肉などを一切使用しない植物性食材のことを指します。

大豆ミートは、その名の通り大豆をメインとして使われており、高たんぱくでありながら低カロリーなため人気の食材と言えます。

畑のお肉と言われている大豆を、お肉っぽい見た目にして販売されています。

しかも、お肉のような見た目なのにもかかわらずお肉が一切入っていないのが驚きではないでしょうか。

大豆ミートはいくつかの種類がある

大豆ミートとひとくちに言っても、いくつかの種類があります。

基本的には乾燥タイプが多いですが、それ以外ではレトルトや冷凍タイプなど種類が豊富です。

さらには、ミンチやフィレ、ブロックなどの形状もいくつか存在しています。

用途にわけて使い分けることで、理想的な調理と食事を楽しめることでしょう。

大豆ミートが人気の理由を知っておこう!

たくさんの食品のなかで、なぜ大豆ミートが人気なのでしょうか。

高たんぱく質・低カロリー

大豆ミートが人気の理由は、高たんぱく質、低カロリーだからです。

たとえば、大豆ミートと牛肉を比較しますと、カロリーはおよそ4分の1、脂質はなんと40分の1以下と言われています。

つまり、ダイエット目的の人からすれば大豆ミートは最高の食品と言えるのではないでしょうか。

健康的に過ごせる

大豆ミートを食べると、健康的に過ごせるようになります。

なぜなら、大豆ミートにはコレステロールが含まれていないからです。

コレステロールが増えると、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすきっかけとなります。

大豆であれば、コレステロールを下げる効果もあると知られているため、健康的に生活できるというメリットがあります。

整腸効果がある

大豆には食物繊維が豊富に含まれている、ということをご存知でしたでしょうか。

食物繊維は、ヒトの消化酵素で分解されない食物中の総体で、血糖値の上昇を抑えたりコレステロールを下げたりできると言われています。

また、食物繊維を多く摂取しますと腸内の細菌が発酵と分解をし、善玉菌が増えることで腸内環境が良くなります。

大豆イソフラボンによる健康への期待

大豆には、多くの大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをしてくれるため、女性に人気の栄養素です。

たとえば、美肌ホルモンにより肌の調子を整え、いつまでも若々しいお肌を作ってくれます。

また、コラーゲンも増やしてくれるため、女性にとって大豆は嬉しい栄養素が詰まっています。

栄養が豊富

大豆には多くの栄養素が含まれています。

たとえば、たんぱく質や脂質、糖質、ビタミンE、カリウム、カルシウムなど、書ききれないほど多種の栄養素があります。

また、大豆にはお肉に匹敵するくらいのたんぱく質が含まれていることから、畑のお肉と言われているのも納得されるはずです。

さらに大豆は、コレステロールが含まれていないため、非常に安心安全な食べ物だと言えます。

乾燥した状態なら長期保存ができる

食べ物である以上、どれも賞味期限や消費期限が設定されているものです。

場合によっては、わずか数日の間に消費しなければならないこともあります。

大豆ミートは乾燥タイプが多いため、長期保存がきく食品だと言えます。

いつでも好きなときに大豆ミートを食べられますし、災害時にも活躍してくれることでしょう。

大豆とお肉は味も見た目もかけ離れているのになぜ?

大豆とお肉と言えば、見た目も味も180度くらい異なる食品ではないでしょうか。

それなのに大豆は、どういう工程でお肉に近づけるのかが想像できないはずです。

たとえば、大豆の脂分を抽出し、細かくフレーク状にします。

そのあと、専用の機械に入れ圧力と熱を加え、最後にしっかり乾燥することでお肉に近い大豆ミートができあがります。

結果的に大豆もお肉の食感をそのまま楽しめるようになっています。

大豆ミートに関連する記事はこちら⇒大豆ミートの戻し方は簡単?難しい?初心者でもできる理由について解説!

大豆ミートが将来的に大活躍する理由

そもそも、牛肉や豚肉が普通に売られているわけですし、ダイエットや健康目的ではないから関係ないと思ってしまうかもしれません。

しかし、大豆ミートはどんな人でも絶対に欠かせなくなるくらいに重要な存在になりうると言えます。

なぜなら、将来的に人口が増加して食糧不足が懸念されるからです。

人口が増えれば当然、それ相応の食料を作らなければなりません。

牛肉の場合は、牛を育てる牧場を拡張するために森林伐採を行い、最終的には育てる場所すらなくなってしまいます。

当然、家畜が増えればその分の餌も必要になるわけですから、さらに収穫面積が必要となります。

実は、収穫面積は限界を迎えていると言われており、これ以上の拡大は難しい傾向にあります。

そこで、大豆ミートが大いに役立つというわけです。

つまり、ダイエットや健康目的に関係なく、将来はすべての人が大豆ミートなどの食品に頼るときがやってきます。

大豆ミートの選びかた

大豆ミートは、いくつかの種類がありますが、用途によって使い分けるとベストです。

ブロックタイプ

お肉のような形状をしているのがブロックタイプの大豆ミートです。

ブロックタイプの大豆ミートは、主に唐揚げや酢豚などのお肉のかわりに利用するのがおすすめです。

ブロックタイプの大豆ミートは、下味をつけることでとても美味しく食べられます。

フィレタイプ

フィレタイプの大豆ミートは、ブロックタイプとは違い薄切り肉のような形をしています。

その特徴を活かし、しょうが焼きやカレー、肉豆腐などで利用されると違和感のない料理ができあがります。

ミンチタイプ

ミンチタイプはその名の通り、見た目がひき肉のような形をしています。

ミンチタイプの大豆ミートでしたら、ミートソースやハンバーグなどと相性がバッチリです。

大豆ミートはどこで購入できる?

大豆ミートが気になったのはいいものの、実際にどこで購入できるのでしょうか。

基本的には、いちぶの小売店で購入できたり、飲食店などで食べられるようになってきました。

さらには、インターネット通販などでも大豆ミートをメインで取り扱っているお店が増えてきたため、気軽に手に入ります。

大豆ミートをお探しなら「ベジタリアンブッチャージャパン」へ

大豆ミートをお探しなら、ベジタリアンブッチャージャパンへお任せください。

当社は、大豆ミート(代替肉)をメインに取り扱っている通販サイトです。

また、通販だけではなく日本初の未来型レストランや代替肉専門の肉屋なども運営しております。

当ブランドの大豆ミートは、低脂質で栄養バランス、低カロリーですからダイエットや健康を気にされているかたにもおすすめです。

大豆ミートとはのまとめ

大豆ミートは、私たちが思っている以上に将来メインの食材になるものだと言えます。

現在は、小売店やインターネット通販でも購入できますから、チェックしてみましょう。

豚肉よりも柔らかく、鶏肉よりもジューシーな大豆ミートを、ぜひ食べてみられることをおすすめします。