プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

サステナブルとは?今さら聞けない意味や企業の取り組み徹底解説

16 Dec 2021

サステナブルって言葉を知ってますか?

友人との会話にも良く出てくるようになったこの言葉ですが、皆様はその意味や企業の取り組みなどはご存知でしょうか。

なぜ近年この言葉が飛び交うようになってきたのか、我々が抱える問題点は何なのか?

今回の記事ではサステナブルを深堀して徹底解説した記事になります。

ぜひ最後までお付き合いください。

サステナブル(Sustainable)、サステナビリティ(Sustainability)って何?

サステナブル(Sustainable)、サステナビリティ(Sustainability)

人間や社会、そして地球環境の継続的な持続可能な発展を意味する言葉します。

サステナブル(Sustainable)とは、本来は「維持できる」「耐えうる」
「持ちこたえられる」を意味する形容詞です。

ただし近年は、地球環境の持続可能性、人間社会の文明・経済システムの持続可能性の意味や概念として一般的に用いられるようになりました。

その概念の変遷を振り返ってみましょう。

サステナブルに近い意味を持つ言葉をご紹介

サステブルと似た意味合い、関連する方向性を差す言葉がいくつか存在しますのでご紹介いたします。

エシカル

エシカル(ethical)は、倫理的なという意味の言葉です。

エシカルな消費をする、エシカル商品のような形で使われることが多いです。

エシカル消費は、自分だけではなく地球環境、人間、社会に対して配慮されたものを購入・消費したりする行動、またはそのような商品を意味します。

ステークホルダーのような私たちの生活にかかわるすべての事柄は関連し合って成り立っています。

物が作られるために必要な環境、労働環境に気を配り環境保全に貢献する考え方です。

LOHAS

LOHASとは、 “lifestyles of health and sustainability” (健康で持続可能な生活、またはその考え方を重要視する生活様式のことです)

それぞれの頭文字をとった略語で、「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルを指す用語です。

リサイクル

人間から排出された資源を再利用することを意味した言葉です。資源再使用、再生利用を表しています。

リサイクルしたものを再度生まれ変われせて別の商品を生み出すことをアップサイクルと言います。

エコ活動

エコは英語のEcoで、本来は生態学を意味するケースが多いですが、派生した言葉としてより広義の意味を差すようになりました。

資源を大切にして、排出するごみを減らす、二酸化炭素の排出量を減らすなど、地球環境に配慮して行動することをいいます。

ミニマリスト

ミニマリストとは、極力不要な持ちものを減らして自分にとって最小限のものだけで暮らす人をいいます。

不用品や壊れているものや使えないもの、期限が切れているものなど、極力所有しない考え方です。

また、自分自身で期間を設定しているものやいらないものを判断するやりかたもあります。

広まったきっかけは?

国連が提唱した「サステナブルデベロップメントゴールズ(持続可能な開発)」で少しずつ認知度を高めていたサステナブル。

この取り組みが大衆に広がる大きなきかっけになったのは、いまメディアでよく耳にするSDGs(エス・ディー・ジーズ)です。

これは、誰一人取り残さないというかんがえのもと国連に加盟する193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

現在、地球が抱える沢山な問題の解決に向けた17の大きな目標と、達成するための169の具体的な行動目標で構成されています。

この決定されたSDGsがそれぞれ目標達成に向けての取り組みを開始して大きな広がりをみせました。

現在は世界各国で認知が高まっています。

人類の危機、地球破滅の日

ローマ・クラブが発表した報告によると、このまま何も手を打たずに人口増加や経済成長を続けてしまうと地球は破滅してしまうと警告しています。

地球と人類は今深刻な地球温暖化、環境汚染、食糧不足など様々な深刻な問題を抱えています。

ローマ・クラブから委嘱されたグループによる研究成果をまとめた本です。

システムダイナミクスモデルにより、地球規模の工業化、人口増加、栄養不足、資源の枯渇、環境の悪化を予見しました。

人類の成長の限界を説いた内容になります。この本は世界中の人々に衝撃を与えました。

1970年にスイス・ヴィンタートゥールに本部を構える民間組織です。

資源・人口・軍備拡張・経済・環境破壊などの全地球的な問題に対処するために設立されたシンクタンクです。

サスティナブルな社会に向けた目標

どのようにすればサスティナブルな社会を実現することが出来るのかでしょうか。

また実現するために個人や企業はどのような活動をしているのでしょうか。

まずは国連が定めた目標であるSDGsの目標の主となるものを列挙します。

1貧困をなくそう

2飢餓をゼロに

3ジェンダー平等を実現しよう

4働きがいも経済成長も

5人や国の不平等をなくそう

6住み続けられるまちづくりを

7つくる責任つかう責任

8気候変動に具体的な対策を

9海の豊かさを守ろう

10陸の豊かさを守ろう

11平和と公正をすべての人に

これらを見ると特定の事柄に対してだけではなくすべてが相関し合っているといえます。

誰一人取り残さずすべての人がすべての地域で豊かになることがサステナブルの目標です。

サスティナブルな衣食住

テーマが壮大すぎて付いていけないという方もいるのではないでしょうか。

もっと個人の生活に寄り添った取り組みを衣食住をテーマにサスティナブルとの関係について解説します。

サステナブルファッション  

環境に配慮した製品や、公正で安全な配慮などメーカーのファッションを身にまとうことと要約できます。

製品つくりについてはリサイクル素材を積極的に取り入れて商品化をします。

動物由来の素材はなるべく避けてオーガニックや廃棄を使ったアップサイクルするなどがあります。

サステナブルフード

サステナブルフードはフードロスの削減や野菜中心の生活を差します。

近年非常に問題となっているのがロフードスです。食品ロスを減らすことは結果として過剰な生産や廃棄量を減らすことに繋がります。

野菜中心の食事とは、ベジタリアンやヴィーガンではなく環境意識からプラントベースドミートなどの植物由来のお肉の摂取をさします。

サステナブルフードに関連する記事はこちら⇒ サステナブルフードの可能性とは?わかりやすく解説

サステナブルな住居

サステナブル建築とは、設計・施工・運用を通じて、省エネルギー・省資源・リサイクル・有害物質排出抑制する。

気候、伝統、文化と調和すること。

生活の質を適度に向上させていく建築物を構築すること

電力消費の多い空調に頼らない生活空間を実現することが必要です。

サステナブルとは?今さら聞けない意味や企業の取り組み徹底解説のまとめ

サスティナブルを実現することで、とりただされている地球温暖化を防ぐことに繋がります。

人や地域が豊かになることで貧困や飢餓がなくなり、資源を有効に分け合うことで平等で公平な夢のある持続可能な社会が実現します。

世界中の人たちが競争発展しながらも共存共栄する社会を実現しようということがサスティナブルという言葉に込められています。

身近なところからはじめてみましょう。