The Vegetarian Butcher Japan ベジタリアンブッチャージャパン

About Us

実際に動物を食べなくても、
肉への欲求を満たすことができる何かを見つけなければならない。

The Vegetarian Butcherの創設者 Jaap Korteweg

代々続く農家の家に生まれたJaap Kortewegは、屠殺されている動物の姿にうんざりし、動物性のお肉を食べることをやめようと決心しました。
そして、彼は肉の消費が動物、自然、環境、気候そして生物多様性にとって悪いことであり、たった数十年のうちに世界を養うのに十分な肉が存在しないであろうことに気がつきました。

しかし、当時の肉代用品はとても味が悪く、肉代用品の味を改良することが、健康的で、気候、自然、動物、そして世界の食料にとってより良いことだと確信しました。
3年間の調査の結果、彼は革新的な肉代用品を開発し、「コンセプトメーカー」、科学者、一流のシェフ、肉屋、トレンドセッターの助けを借りて、製品に本物の肉の風味と経験を加えることに成功しました。

#choseplantbasedmeat

プラントベースという
今までにない新しい肉のカテゴリ

Plant Based

The Vegetarian Butcherは、欧州の厳しい衛生基準をクリアし、HACCP、BRC Global Standards等の認証を得ています。

Sustainable

サステナブル(Sustainable)とは、「地球環境・社会・人間の持続可能な発展」を意味します。
The Vegetarian Butcherは、従来の食肉の生産システムが抱える問題(動物福祉、健康問題、貧困問題、環境問題)を解決する商品として世界中から注目を集めています。

Healthy &
Perform Better

低脂質、低カロリー、コレステロールゼロなのに、プロテインが豊富。
プラントベースなので消化吸収も早いので、海外ではアスリート達が積極的に食事のメニューに取り入れています。
ヨガ、フィットネスなど体づくりをしている方にも最適です。

#thevegetarianbutchergonext

世界の食は次の時代へ

ヨーロッパでは意識的に食肉の摂取を減らす人達が急増中で、世界規模でのトレンドとなっています。

特にグローバルな考え方をもつミレニアル世代やジェネレーションZ世代を中心にその考え方が広まっております。

食肉の摂取を減らす理由は、健康志向の高まり、動物愛護、貧困問題など様々ですが、環境のことを考えてという理由が一般的。

ファッションも環境も同じように、ライフスタイルとして主体的に考えています。

日本人がそのことについて理解することは世界の食に近づく大きな一歩です。

The Vegetarian Butcherと次の時代へ歩んでいきませんか?