プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

捨てないで!使用済みラップは掃除道具で再利用!

5 Oct 2021

こんにちは。株式会社ベジタリアンブッチャージャパンの広報担当部です。今回も表題について記事にさせて頂きます。

捨てないで!使用済みラップは掃除道具で再利用

作り置きメニューにラップ、食べ残しにラップというように、私たちの生活の中でなくてはならないのがラップです。そして、ほとんどの方は使用済みラップをそのまま捨てているのではないでしょうか。しかし、使用済みラップにはまだまだ活躍の場があるのです。こちらの記事では、使用済みラップの再利用方法についてご紹介しています。

画像1

【使用済みラップはこうやって再利用!】
使用済みラップの再利用と聞くと、一度使用したラップを再度同じ方法で使用するかのように思えますよね。
しかし、使用済みのラップを再度食品に使用するのはあまりおすすめできません。
というのは、食品に使用したラップには微細な雑菌が付着している可能性があるため、衛生的とはいえないからです。
では、どうすれば再利用できるのでしょうか。
その方法は意外と簡単で、”目からウロコ”かもしれません。
それでは早速、ラップの再利用方法についてご紹介していきましょう。

【重曹水+ラップでガスコンロをピカピカに】
重曹はお掃除アイテムでよく知られていますが、重曹とラップのコラボはバツグン、ガスコンロに重曹水を吹き付けて、くしゃくしゃに丸めた使用済みラップで擦ってみてください。
するとあら不思議!
ガスコンロの汚れをみるみるうちに落とすことができます。
そもそもガスコンロの掃除は面倒なので、ぜひ、重曹水+ラップでのお掃除を試してみてくださいね。
この方法は換気扇の汚れ取りにも役立ちますので、換気扇のお掃除で苦戦している方も試してみることをおすすめします。

画像2

【家電のほこりを取ろう】
ラップの原材料はポリ塩化ビニルなどで、静電気が起こりやすいという性質を持っています。
ということは、その静電気を利用しないという手はありませんね。
ということで、ラップを家電のほこり取りに活用してみましょう。
ラップを再利用すれば、その分ハンディモップなどを購入する回数が減るでしょうし、掃除機に使っていた電力の削減にも役立ちますね。
なお、この方法では乾いたラップをくしゃくしゃにすることで静電気発生率がアップしてほこりを取りやすくなります。
ただし、多くの静電気が発生するとバチッという衝撃とともに痛みを感じることがありますので、十分に注意してくださいね。

画像3

【食器用洗剤+ラップでシンクの掃除】
シンクの汚れ、特に頑固なカビでお困りなら、ぜひ食器用洗剤+ラップでシンクをお掃除してみてください。
方法は簡単、水で濡らしたシンクに少量の食器用洗剤を垂らして、ラップで擦ればOKです。
このようなシンクのカビとりは、通常ではクレンザーを使用することが多いのですが、クレンザーの種類によってはシンクを傷つけてしまうことがあります。
しかし、使用済みラップを上手に活用すれば、そのようなトラブルも回避することができますね。

画像4

【カビとりスプレー+ラップでお風呂の頑固なカビを撃退】
少し手間と時間はかかりますが、お風呂の頑固な黒カビを撃退したいなら、カビとりスプレー+ラップの組み合わせがおすすめです。
まず、雑巾などで黒カビを取りたい部分の水分をしっかりと拭き取ります。
その後、カビとりスプレーを噴霧したらその部分にラップを被せて半日放置しましょう。
あとはカビとり剤をシャワーで流せばOKです。

画像5

☆★まとめ★☆
使用済みのラップを捨てる前、「これを再利用できる方法があればなあ」と考えたことがある方は、少なからず存在していることでしょう。
そして、そのような方々にお伝えしたいのが、今回ご紹介してきた使用済みラップの再利用方法なのです。
一度使用したラップはもう使えないような気がしますが、掃除道具としてならまだまだ活躍してくれます。
ラップを捨てようと思ったときにはぜひ、今回ご紹介した再利用法を思い出して、最後の最後まで有効活用する方向で考えてみてくださいね。