プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

COP26に向けて植物性食品を推進する「Elephant in the Room」キャンペーンを開始

3 Nov 2021

ベジタリアンブッチャーの「Elephant in the Room」キャンペーンは、消費者が参加して、動物の肉食が地球に与える環境への影響という重要な問題をCOP26に提起することを目的としています。

「数字は嘘をつきません。植物性食品を多く取り入れた食生活への移行は、気候危機の解決に不可欠な要素です」。

このキャンペーンでは、リーダーや政策立案者の有意義な行動を求めて、動物肉の消費を減らし、植物性食品を取り入れた食生活に切り替えることが、気候変動との戦いにおいていかに重要な役割を果たすかを強調しています。キャンペーンでは、この問題がCOP26のアジェンダに著しく欠けており、ヨーロッパの政策にも欠けていると主張しています。

The Vegetarian Butcher(ベジタリアン・ブッチャー)
国連とオックスフォード大学によると、畜産業は世界の人為的な温室効果ガスの14.5%と18%を排出しており(世界の運輸業よりも多い)、動物肉の消費を大幅に削減することは、世界中の科学者や政策アドバイザーから広く推奨されています。しかし、動物肉消費量の体系的な削減を支える具体的な政策は限られています。

The Vegetarian Butcher社のCEOであるHugo Verkuil氏は、「数字は嘘をつきません。植物性食品を多く取り入れた食生活への移行は、気候危機の解決に不可欠な要素です。動物性の肉から植物性のたんぱく質への切り替えは、個人でもできますが、私たちだけに責任があるわけではありません。より持続可能なフードシステムの構築に向けて決定的な進歩を遂げるためには、NGO、政策立案者、企業間の協力関係を強化する必要があります」と述べています。