プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

大豆ミートにはデメリットがあるのって本当?その理由について検証!

20 Nov 2021

近年、ダイエットや健康管理目的で大豆ミートに興味をもたれている人は非常に多いのではないでしょうか。

しかし、はじめて食べる食品にはどんな成分が含まれているのか、食べることによってのデメリットはあるのかが気になるはずです。

そこで今回は、大豆ミートのデメリットについてお話ししますので参考にしてみてください。

大豆ミートのデメリットについて

どんなものでも、メリットばかりが取り上げられがちですが、やはりデメリットもしっかり把握するべきです。

デメリットを把握して納得をすれば、後悔することなく利用できるでしょう。

値段が高め

大豆ミートは、値段が高めというデメリットがあります。

とくに、牛肉や豚肉と比較しますとどうしても割高さを感じられてしまいます。

なぜなら、日本ではやはり牛肉や豚肉と、鶏肉などがメインのため大きく浸透していないことがあげられます。

また、仮に牛や豚ではなくても野菜類など他の食材が安く手に入るため、大豆ミートがメインになりにくい傾向にあります。

下ごしらえが必要

大豆ミートは一般的にそのまま使用するのではなく、いちど水に浸すなどの工程を経てから利用します。

つまり、下ごしらえをしないといけないというわけです。

お肉であれば、焼いたり煮たりするだけでいいかもしれませんが、このようなワンクッションの作業が手間に思われるケースがあります。

食肉関係の仕事がなくなる

消費者側ではなく、生産者側のデメリットも見ていきましょう。

世界で人口増が懸念されているため、将来的に大豆ミートなどの代替肉がメインの食品になる可能性があります。

当然、牛や豚にかわる大豆ミートが台頭するようになれば、畜産関係者の仕事は大きく減少することが懸念されます。

また、生産者がいなくなり牛や豚などの家畜も減少すれば、それだけ流通しなくなる可能性があるため手に入りづらくなる可能性があります。

大豆ミートはデメリットよりメリットが大きい

大豆ミートは、いくつかのデメリットがありますが、それ以上にメリットがあります。

ダイエット向き食品

ダイエットを目標にしている人に、大豆ミートが支持されている傾向にあります。

なぜなら、大豆ミートは低カロリー、低脂質でヘルシーだからです。

牛と比較しますと、カロリーは約4分の1、脂質は40分の1程度とかなりの差があり、ヘルシーさが際立ちます。

コレステロールがゼロ

大豆ミートは、なんとコレステロールが含まれていないというメリットがあります。

コレステロールのことは良く知らなくても、摂取しすぎるとダメだというイメージがあるはずです。

コレステロールを摂りすぎますと、血管に負担がかかってしまいます。

結果的に動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの病気になってしまう可能性があります。

大豆ミートであればコレステロールが含まれていないため、安全な食べ物だと言えます。

大豆イソフラボンが含まれている

みなさんは、大豆イソフラボンという言葉を聞いたことがありますでしょうか。

大豆イソフラボンは、活性酸素の働きを抑えてくれるため、女性の美しさや若々しさを作りだしてくれることに期待できます。

また、加齢と同時にエストロゲンという女性ホルモンが減少するため、更年期障害などにつながりやすくなりますが、大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補ってくれます。

栄養が豊富

大豆ミートは、かなり栄養が豊富というメリットがあります。

大豆の栄養素は、たんぱく質をはじめ食物繊維、ビタミンB、ミネラル、大豆イソフラボンなどが含まれています。

牛と同等のたんぱく質を含み、牛には含まれていない食物繊維や大豆イソフラボンが魅力的だと言えます。

食物繊維はキャベツの約3倍、大豆イソフラボンはおからの約5倍と、予想以上に大豆は多くの栄養素が含まれています。

長期保存ができる

大豆ミートは基本的に乾燥されているため、長期保存がしやすい食品でもあります。

肉類はさすがに数日で腐ってしまい食べられなくなってしまうため、はやめに消化しなければなりませんが大豆ミートは違います。

長期で保存がきくため、事前に買っておけば食べたいときに食べられますし、なにより保存食としても大活躍します。

大豆ミートはデメリットは少なくメリットが多い

大豆ミートのデメリットとメリットを比較しましたが、ほとんどの人はメリットに多くの魅力を感じたことでしょう。

大豆ミートにはデメリットがありますが、それを上回るメリットがたくさんあるため選ばれる人が多いということが結論付けられます。

大豆ミートを安心安全により美味しく食べるためには

大豆ミートはメリットがたくさんありますが、より安心安全に美味しく食べるためには何に気をつければいいのでしょうか。

販売元をしっかりチェックする


どんな食品でも、口に入る以上どこの会社が製造したのか、どんな成分が含まれているのかをチェックするべきだと言えます。

なぜなら、よく分からないところが製造している場合、少し不安を感じてしまうからです。

人によっては、海外の特定の場所で作られた食品は受け付けない、ということがありますので、事前にチェックしておくべきだと言えます。

口コミや評判をチェックする

今は、スマートフォンで気軽に情報がみられる社会になりました。

つまり、特定のお店の情報もすぐにチェックできる環境にあるはずです。

新規店の情報はかなり不足していますが、ある程度老舗であれば、いくつかの口コミや評判がどこかのサイトに掲載されていることでしょう。

もちろん、口コミや評判は匿名が多いため、すべてを信じるのはよくありませんが、ある程度は参考にできるはずです。

悪い口コミだらけでしたら利用をためらうことができますし、良い評判が多ければそれだけ味もサービスも良いという判断ができます。

ブロック・フィレ・ミンチから選ぶ

大豆ミートには、ブロック、フィレ、ミンチなどいくつかの種類が販売されています。

種類によって用途が変わるため、レシピによって使い分けることで大豆ミートを活かせられます。

ブロックタイプは、お肉のような形状をしているタイプで、唐揚げなどの料理と相性が良いです。

フィレタイプは薄切り肉のような形をしており、しょうが焼きやカレー、肉じゃがのような料理におすすめです。

ミンチタイプは、ミートソースやスパゲッティなどの料理と相性が良く、大豆ミートを最大限に活かせます。

大豆ミートは通販での購入が便利

大豆ミートは、スーパーマーケットなどで販売されていますが、やはりそこまで数を多く取り揃えているお店は少ないと言えます。

目的の大豆ミートを探すために、あちこちのスーパーマーケットに行くのは時間が無駄になってしまうでしょう。

でしたら、大豆ミートは通販で購入してはいかがでしょうか。

通販であれば好きなときに好きな場所で購入できるため、手間がかかりません。

大豆ミートの通販なら「ベジタリアンブッチャージャパン」へ

大豆ミートを通販でお探しであれば、ベジタリアンブッチャージャパンへお任せください。

当社は、大豆ミート(代替肉)を専門に取り扱っている通販サイトです。

通販サイトだけではなく、実店舗もあるため多くのお客様にご利用いただいております。

大豆ミートのデメリットのまとめ

大豆ミートにはいくつかのデメリットがありますが、それ以上にメリットが強いため、多くのユーザーに支持されています。

将来的には、今以上に大豆ミートが活躍するときがやってきますので、はやい段階で利用されてみてはいかがでしょうか。