プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

サスティナビリティって何?SDGsとは違うの?関係性や取り組みを解説

16 Dec 2021

サスティナビリティやSDGsなどの言葉を耳にすることが増えました。

企業単位でも個人単位でもサスティナビリティに取り組みが増えています。

今回はサスティナビリティについて徹底的に掘り下げていきたいと思います。

サスティナビリティの意味やSDGsとは違うのかなど関係性の説明が難しかったりします。

ぜひこの記事を参考にしてみてください。

サスティナビリティって何?

サスティナビリティは、サステナブル同様に持続可能性を差す言葉です。

個人もそうですがどちらかというと企業が社会環境との向き合い方を見直す動きが増えており。

サスティナビリティに取り組む企業が増えています。

サスティナビリティの周知が広まったのは、国連の地球サミットからと言えます。

地球は多くの問題を抱えています。それらを持続可能な社会の実現に向けて動き出す地球の行動といえます。

サステナブルとはに関連する記事はこちら⇒ サステナブルとは?今さら聞けない意味や企業の取り組み徹底解説

サスティナビリティの意味

サスティナビリティは、非常に広義ですが基本的には環境・社会・経済を軸にした概念と言えます。

それぞれの国が課せられた世界目標であるSDGsは、サスティナビリティの概念に基づいています。

企業のサスティナビリティでは、事業活動において上記の3つの軸に配慮した活動が求められています。

短期的な企業の利益を追い求めるだけではなく、長期的な視点でステークホルダーを重要視した活動を行うべきであるという考え方です。

CSRとの違い

企業統治の意味を表すCSRという言葉がありますが、よく似ているようで実際は異なる概念といえます。

CSRは「Corporation Social Responsibility」の頭文字で、「企業の社会的責任」という意味があります。

CSRは企業を軸にした考え方であるのに対して、サスティナビリティは社会全体で取り組むべき問題であるという点です。

サスティナビリティとSDGsの関係

サスティナビリティと最近よく耳にするSDGsは同じことだろうと考える方もいらっしゃるかと思います。

SDGsって何?

SDGsとは、「Sustainable Development Goals」です。それぞれの頭文字から出来た言葉です。

国際的な決定事項で「持続可能な開発目標」のことで、地球環境や国際社会を長く続けるための、17の目標と具体的な169のアクションのことです。

2016年から2030年の15年間の間に達成する必要があります。

先進国や発展途上国といった区別なく全ての人々が取り組むべき課題とされています。

SDGsへの取り組み

企業が率先してSDGsに取り組むことは、CSR活動の観点あら見ても友好的です。

グローバル企業の場合は特にこのSDGsに関する取り組みを行わないでいると非常にマイナスイメージがついてしまう恐れがあります。

次の世代を台頭するZ世代はこの意識がほかの世代と比べて高いと言えます。

キーワードは3つの「E」

サスティナビリティを考える上で、重要な3つ「E」をご紹介します。

1,Environment (環境)

2,Economy(経済)

3,Equity(公平性)

何かを満たせていれば良いということではなくこれらの3つの要素が非常に重要です。

サスティナビリティはこれら3つのバランスが取れている状態と定義されています。

環境保護の観点

環境保護の観点です。

持続可能な地球を後世に引き継ぐためには、今の私たちが環境を保護しながら活動していくことが重要です。

世界には飢餓問題、気候変動、海面上昇、森林破壊、水不足などさまざまな環境問題が深刻です。

現在のまま人間活動が進行してしまうと100年以内に地球が滅亡してしまう可能性がシンクタンクからも指摘されています。

社会的公平性の観点

社会的公平性についてです。コロナウイルスがきっかけで貧困問題、ジェンダー、人種の格差は浮き彫りになりました。

現在世界には以下の現状があります。

・1日1.90ドル以下で暮らす「絶対的貧困層」の半数が途上国5か国に集中している

・米国のコロナ死者数で、アフリカ系アメリカ人は白人の2倍という数字

このようなニュースを耳にすることは多かったのではないでしょうか。

これらは個人間の問題ではなく社会の構造的に発生しているものと言えます。

未だに先進国に優先的にワクチンが集まり貧困国には十分に行き届いていないという現実があります。

経済的の観点

経済活動はもちろん重要なことですが、それに異様に傾きすぎているといえます。

企業は経営プラスαでサスティナビリティへ取り組むのではなく、企業経営とサスティナビリティを両立すべき時代に変わってきています。

サスティナビリティに取り組むことが、企業にとって成長戦略になる時代だということです。

SDGsによって1800兆円の新しい市場と約3億人の雇用が生まれると予測されています。

これら3つのキーワードを軸として、すべてが重なり合う部分に達することが持続可能を実現に近づけます。

またサステナビリティを経済・環境・社会の3つの視点から指標するDJSIやGRIスタンダードなどもあります。

サスティナビリティ経営のメリットとは

サスティナビリティを意識した企業の経営を行うメリットについて解説します。

企業の価値が上昇する

サスティナビリティを意識した取り組みを行うことで企業の価値が上昇するといえます。

ESG投資など社会的役割を果たしている企業だと認識されるのでブランド力が向上します。

現在行っている事業に対しても良い循環を生むことが出来ます。

今後事業の成長につながる

サスティナビリティ経営を行うことでさまざまなニーズを獲得できます。

サスティナビリティ経営をすることでいかなる時代の変化にもよりよい対応が出来チーム作りが出来ます。

新しい分野を開拓することが可能となります。

従業員にも良い循環を生む

サスティナビリティ経営を行うことは、従業員にも良い循環を与えます。

就職活動をしている学生が企業を選ぶ判断基準として企業のSDGsへの取り組みを意識しています。

そのような環境下では従業員の満足度やモチベーションは高く、会社が好きで働く人も多くなると言えます。

日本と海外のサスティナビリティの違い

日本と海外では課題が異なるため、少し違った事情を抱えています。国内外でのサスティナビリティの違いについて解説します。

海外のサスティナビリティの特徴

海外は社会・環境と統合して考え、価値を高めていくのがサスティナビリティであると考えられています。

欧米では、他国と比較した際にサスティナビリティの意識が高いと言われています。

例えば温室効果ガスの排出を抑えるため、カーボンニュートラル・脱炭素などについて、常に議論が行われています。

国内のサスティナビリティの特徴

国内は社会貢献や環境への配慮を行い企業のブランディング価値を高めています。

以前と比べて環境問題について取り上げられることが増えてきましたが、欧米と比べるとまだまだといえます。

しかしながら昨今学校教育などでも取り上げられるようになってきました。

レストランのサステナビリティの取り組み

ベジタリンブッチャーのコンセプトストアではさまざまなサステナビリティに関する取り組みを行っています。

アーバンファーミング、フードシェアリングフリッジ、プラントベースドミート専門の肉屋など国内で初めての取り組みが盛りだくさんです。

池袋にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

サスティナビリティって何?SDGsとは違うの?関係性や取り組みを解説のまとめ

サステナビリティと一言にいってもさまざまな問題が複雑に絡み合っているといえます。

今後国内でのサステナビリティな取り組みが生まれてくると思います。

問題への理解が深まることで取り組むべき行動が明確になると思います。

持続可能な社会の実現に向けて出来ることから初めてみましょう。