プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

代替肉は日本で流行っている?どこに売っている?その真実について徹底解説!

17 Nov 2021

みなさんは、代替肉という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

実は代替肉は世界中で流行し、さらには将来的に主役となる食品と言えます。

そこで今回は、代替肉は日本でどういう立ち位置にいるのか、どこで売っているのかをお話ししますので参考にしてみてください。

代替肉とは?

代替肉とは、その名の通り一般的なお肉を代用した食品のことを指し、プラントベースミートやフェイクミート、大豆ミートとも呼ばれています。

基本的に代替肉は、動物ではなく植物由来の原料を使って製造されています。

代替肉の原材料はそれぞれあり、大豆をはじめえんどう豆、米などが使用されています。

つまり、代替肉は、一般的な牛肉や豚肉を一切使用せずに、大豆や米などで代用しているというわけです。

代替肉の歴史について

代替肉の日本のことを知る前に、全体的な歴史について知っておきましょう。

代替肉と言えば、なんとなく最近できたようなイメージをもたれているはずです。

実は代替肉は、時をさかのぼること1907年、つまり100年以上前に医学博士が代替肉に関連する特許を取得したことがはじまりと言われています。

当時は、小麦のなかに含まれているグルテンなどを利用し、お肉とそっくりな硬さと香りをもった食品を製造することに成功しました。

また、1954年には科学者により大豆に含まれる植物性たんぱくを重ねて食感をお肉に近づける方法を考案しました。

ですが、当時は研究が完全ではなかったこともあり、世の中に浸透することはありませんでした。

2020年は日本で代替肉元年と言われている

1954年には、すでに海外で代替肉の研究をされていましたが、日本ではどうなのでしょうか。

実は日本でも1960年頃に植物肉という食べ物がブームになりつつありましたが、代替肉そのものは普及しませんでした。

そこから時を経て、2020年に代替肉の開発や商品発売がいくつもあり、多くの企業が参入している状態です。

つまり、2020年こそが日本の代替肉元年と言えます。

現在2021年ということもあり、代替肉が注目されたのがかなり最近ですから、これからがとても楽しみと言えるのではないでしょうか。

代替肉に関連する記事はこちら⇒代替肉とは何?世界中で注目されている理由について一挙公開!

そもそもなぜ代替肉が今になって注目されているの?

日本では最近になって代替肉が注目されるようになりましたが、そもそもなぜこのタイミングなのでしょうか。

人口の増加にともないバランスが取れなくなる

それは、将来的に人口増加にともない、お肉の消費量が増加するからです。

それなら単純に家畜を増やせばいいのでは、と思ってしまうかもしれませんが、そう単純なものではありません。

なぜなら、家畜を増やすためには人手も育てる場所も、餌も必要だからです。

また、家畜は多くの穀物を消費するため、すべてにおいて追い付かなくなってしまいます。

結果的に食糧不足になってしまい、飢えや貧困がますます加速していくことが予想されます。

地球温暖化が懸念されている

意外かもしれませんが家畜が増えると、地球温暖化が進行してしまいます。

なぜなら、二酸化炭素やメタン、亜酸化窒素などを排出するからです。

とくに、牛の腸内でメタンが発生しゲップとして排出されます。

人間もゲップをするから、牛くらいで何の問題もないのでは、と思ってしまうかもしれません。

しかし牛のゲップは、温室効果ガスの4%ほどを占めると言われています。

日本では多くの企業が代替肉を販売している

2021年現在、複数の企業が積極的に代替肉を製造、販売しています。

食肉加工会社はもちろん、飲食店でも代替肉を使用しているメニューがあるため、日本でも浸透しつつあります。

たとえば、インスタントラーメンに入っている肉を、代替肉や培養肉に変える研究をしていたり、肉をまったく使用しないハンバーグなどを作ったりしています。

実は私たちは、すでに代替肉が使われた食品を手に取り食べている可能性があるというわけです。

それくらいに今の代替肉は、普通のお肉となんら変わらない見た目や味、食感に近づいています。

畜産を代替肉にかえるとどんな良いことがあるの?

将来的に、世界中の人口が増える予想がたてられていることから、今以上に家畜を増やすのは難しいと言えます。

そこで、将来的に増やさないといけない家畜を代替肉に切り替えるとどんな良いことがあるのでしょうか。

全人類が救われる

将来的に人口が増加し、それにともない畜産が供給できなくなる可能性があります。

たとえば牛の場合、育てる牧場を拡大するために多くの森林を伐採しなければなりません。

牛が飲む水も多く消費するため、天然資源が枯渇していくことが予想されます。

また、メタンガスの排出により地球温暖化の原因にもつながります。

家畜を増やすことにより、多くの自然がなくなり環境すら悪化していくというわけです。

代替肉であれば、大豆などの植物性原料をメインに作られているため、まさにエコといっても過言ではありません。

牛肉や豚肉よりもヘルシー

牛や豚などの肉類は、食べ過ぎに良くないという印象をもたれているのではないでしょうか。

それは正解で、たくさんの肉類を食べ過ぎると飽和脂肪酸やコレステロールが増加してしまい、動脈硬化などの原因につながるからです。

肉類はたしかに美味しくて病みつきになりますが、食べ過ぎてしまうと健康に悪影響を及ぼしてしまうというわけです。

それに対して代替肉は、大豆などの植物性原料をメインに使っているため、牛肉や豚肉よりかもヘルシーという特徴があります。

だからと言って、代替肉ばかり食してしまうと栄養に偏りができてしまうため、バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

動物の命を奪わなくていい

代替肉が普及してくれば、牛や豚などを多く必要としなくなるため、むやみに飼育しなくても済むようになります。

どちらにしても私たちが食べるお肉は、動物たちの命をいただいている事に違いありません。

人によっては、牛でも豚でも命を奪ってほしくないと考えることもあるでしょう。

代替肉を活用すれば、牛や豚などの命を増やし断つことが少なくなります。

つまり、むやみに動物たちの命を奪わなくてもよくなるというわけです。

代替肉は日本だとどこで販売しているの?

代替肉に興味をもったものの、正直どこで手に入れられるのかを知っている人は少ないはずです。

基本的には、ごくいちぶの小売店や外食店で手に入ったり食べられたりします。

ですが、やはりメインで代替肉を取り扱っているお店は少ないのが現状と言えます。

でしたら、代替肉をメインで取り扱っている通販サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

通販サイトでしたら、わざわざお店に行かなくてもいいですし、店内を探し回る必要はないため手間が省けます。

代替肉を日本の通販サイトで購入するなら「ベジタリアンブッチャージャパン」へ

もし、日本の通販で代替肉をお探しならベジタリアンブッチャージャパンをご利用ください。

当社は、世界で約45ヵ国以上で事業展開をしている代替肉業界大手の会社です。

当ブランドは、低脂質で栄養バランス、低カロリーなためヘルシー志向やダイエット中、健康が気になるかたへもおすすめです。

代替肉日本のまとめ

代替肉はまだまだ日本では普及しているとは言えませんが、将来的に主役となるのは間違いありません。

もし、少しでも代替肉に興味をもたれましたら通販サイトで購入してみてはいかがですか。

代替肉という名前ではありますが、食べたときの食感と味の素晴らしさに驚くことでしょう。