プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

大豆ミートはまずい?美味しい?大豆ミートの本当の味について解説

25 Nov 2021

みなさんは、大豆ミートを食べられたことがありますでしょうか。

まだ大豆ミートを食べていないけれど、興味がある人は多いはずです。

しかし、もし大豆ミートを購入してまずかったらどうしよう、と不安に思っていませんか。

そこで今回は、大豆ミートがまずいのか美味しいのかをお話ししますので参考にしてみてください。

そもそも大豆ミートがまずいと言われている理由

海外だけではなく日本でも、大豆ミートが知られてきて人気を集めているのは事実です。

しかし、それなのにごくいちぶでは大豆ミートがまずいという意見があります。

香りが独特

大豆ミートは大豆成分で作られているため、牛肉や豚肉とは香りが違います。

とくに牛肉を100%意識して食べると、どうしてもハードルが上がってしまい、そのギャップによってまずいと感じてしまうわけです。

下処理がうまくいかなかった

大豆ミートがまずいと言われているほとんどが、この下処理に失敗したことが原因とされています。

つまり、下処理がしっかりできていればおいしくなるというわけです。

下処理はいくつかの工程をはさみますが、その分、おいしくなるためしっかり処理を行いましょう。

下味がうまくついていない

大豆ミートは、下処理の後に下味を付けることが重要です。

下味処理をしないと、大豆ミートの種類によってはおいしくなくなってしまいます。

大豆ミートをまずいから美味しいに変えるためには

大豆ミートをうまく活用するためには、いくつかやるべきことがあります。

しっかり下処理をする

大豆ミートを利用する際には、戻すと洗うがありますが、どちらかといえば洗うほうが重要だと言えます。

メーカーによってやりかたは異なりますが、まずは茹でて水でしっかり洗い流します。

大豆臭さがなくなるまで、洗ったり水気を取ったりを繰り返してください。

下味はしっかりつける

下処理が完成すれば、次に下味です。

できれば、しっかりとした味付けをすることで、より大豆ミートが本物のお肉のような食感や味を作ってくれます。

ただし、大豆ミートによっては下処理をしなくていいものもありますので、ご注意ください。

大豆ミートには種類があるから知っておこう

大豆ミートにはいくつかの種類があります。

種類によって使いかたが異なりますので、違いを知っておきましょう。

ブロックタイプ

ブロックタイプは、少し大きめなブロック状になった大豆ミートです。

形状的には、から揚げや酢豚などに活用できます。

フィレタイプ

フィレタイプは、薄切りの牛肉のような形をしているため、ショウガ焼きや照り焼きなどと相性のいい大豆ミートです。

ミンチタイプ

ミンチタイプは、その名の通りミンチ状になっているため、そぼろやハンバーグ、ミートソースなどにピッタリです。

どのタイプも、湯戻しなどの下処理が不要なタイプも増えてきており、非常に便利になってきています。

大豆ミートに関連する記事はこちら⇒大豆ミートにはデメリットがあるのって本当?その理由について検証!

大豆ミートがまずいと思っているなら損!栄養価が非常に高い

今まで大豆ミートを食べたことがない、なんとなくまずそうとお考えであればかなり損をしている可能性があります。

なぜなら、大豆ミートは栄養価が非常に高い食品だからです。

とくに健康を気にされているかたや、ダイエットをしているかたにはぜひとも大豆ミートの良さを知っておくべきだと言えます。

たんぱく質

大豆ミートには、多くのたんぱく質が含まれています。

それもあってか大豆は畑の肉と言われているほどです。

しかも、大豆と牛肉を比較しても大豆が少し上回るくらいのたんぱく質が含まれているため、かなり栄養価の高い食品と言えます。

さらに大豆にはコレステロールが含まれていないため、健康にも良いというメリットがあります。

食物繊維

大豆ミートには、多くの食物繊維が含まれています。

その量は、キャベツの約3倍と言われています。

食物繊維を摂ると、整腸効果をはじめ血糖値の上昇を抑えコレステロール濃度の低下を助けてくれます。

大豆イソフラボン

大豆には、多くの大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと構造が似ているため、美しさや若さをサポートしてくれる効果があると言われています。

とくに、更年期障害などの体のトラブルを予防するためには、大豆イソフラボンは必要な栄養素です。

ビタミンB群

ビタミンBは、私たちが生きるためのエネルギーをつくるために欠かせないものです。

ビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2などいくつもありますが、それぞれに働きがあります。

ミネラル

大豆には、たくさんのミネラルが含まれています。

たとえば、カルシウムやカリウム、鉄分などが該当します。

カルシウムは、骨や歯を強くしてくれますし、カリウムは血圧を正常にしてくれる作用があると言われています。

鉄分は、コラーゲンや骨、皮膚の生成に大きく関わる栄養素です。

大豆ミートは栄養以外にもさまざまな利点がある

みなさんは、大豆ミートがどれだけ優れた食品というのを知っていますでしょうか。

たしかに大豆は栄養が豊富ですが、それ以外でも優れたところがあります。

長期保存ができる

牛や豚の場合、冷蔵庫に保存していたとしてもそこまで長くは持ちません。

しばらくすると、お肉の色が変色してしまい食べられなくなってしまうというわけです。

大豆ミートの場合は長期保存ができるため、事前に購入して保存しておけばいつでも使えます。

しかも、保存がきくということもあり非常時などでも大活躍する食品と言えます。

ダイエットにおすすめ

どんな人でも、ダイエットをしたいと心から思っているのではないでしょうか。

しかし、なかなか簡単にいかないところがダイエットの難しさと言えます。

大豆ミートはかなりの低カロリーで低脂質なため、牛や豚よりかも低いという特徴があります。

つまり、大豆ミートを中心とした食事にかえることで、ダイエットの効果に期待できることでしょう。

美味しい大豆ミートはどこで売っているの?

大豆ミートはスーパーマーケットなどの小売店で買えますし、飲食店などでもメニューとして提供されています。

ですが、品数としては多くはありませんし、牛や豚のようにメインで取り扱っているところは少ない傾向にあります。

それでしたら、探す手間などを考え通販で購入してはいかがでしょうか。

とくに大豆ミートの専門店であれば、品質はもちろん見た目が良く味も美味しいというメリットがあります。

大豆ミートをお探しなら「ベジタリアンブッチャージャパン」へお任せ!

大豆ミートをお探しなら、ベジタリアンブッチャージャパンへお任せください。

当社は、世界を中心に展開している大豆ミートの専門店です。

大豆ミートを専門にした実店舗も運営しているため、品質はもちろん味や食感にも自信があります。

大豆を使用したチキンナゲットや、バーガー、ソーセージなどを販売しているため、普段の食卓にぜひご利用ください。

大豆ミートのまずいのまとめ

大豆ミートに興味をお持ちであれば、味や食感のことが気になるはずです。

大豆だから豆の味しかしないのではないか、牛や豚と違いすぎて不味いのでないのか、と思ってしまうのも当然のことだと言えます。

ですが、今の大豆ミートは非常にレベルが高く、見た目も食感も牛や豚と違いが分からないくらいですから、ぜひいちどお試しください。