プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

サステナブルフードの可能性とは?わかりやすく解説

15 Dec 2021

「サスティナブルフード」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

環境問題に興味がある方は一度は耳にしたことがあるかもしれません。

「サスティナブル」の意味は持続可能を意味する言葉です。近年メディアで取り上げられることが増えました。

サステナブルにフードを付け加えた「サスティナブルフード」とは環境問題に配慮された食べ物です。

今回は人口増加と経済成長により食糧危機を救う、サステナブルフードについて記事にします。

分かりやすくまとめておりますのでぜひご覧ください。 今の時代にフィットした生活をしてみましょう。

サステナブルフードとは?

例えば家畜のお肉については、2050年には人口増加により現在よりも約2倍の供給が必要となる可能性があります。

しかし畜産は生産効率が悪く資源消費が多く環境負荷も高いと言われています。近年非常に問題視されています。

そこで注目されているのが、植物由来の原料から製造されるプラントベースドミートや、培養肉などの代替肉です。

現在技術開発が進み、生産過程に必要な土地、水資源、資源消費が家畜と比べて大幅に軽減できます。

欧州が先行してスーパーや、レストランなどにも提供されているのをご存じだと思います。

このように環境に配慮して生産された食品を総称してサステナブルフードと呼びます。

サステナブルな暮らしに関連する記事はこちら⇒ サステナブルな暮らしって何?意味をわかりやすく解説

現代社会が抱える食に関する問題とは

サスティナブルフードをより深く理解するために、食に関する社会が抱える問題について考えてみましょう。

現代社会は食に関する様々な問題を抱えています。大きく分けて3つの問題があると言えます。

フードロス問題

フードロスとは、「本来食べられるのに捨てられてしまった食品」のことです。

日本で捨てられている食品廃棄物の量は年間2000万トンと言われています。

これは日本人一人当たりに換算した場合、年間約48kg、毎日お茶碗一杯分のごはんと同じ量を捨てていることになるのです。

これらは生産するのにも様々な資源を使っています。その上破棄することで地球環境に大きな負担となります。

地球環境へ与える負荷を最小限にして私たちは生活していく必要があります。

サステナブルフードは、フードロスを減らしていくことも非常に重要なのです。

陸で起こる問題

意外かもしれませんが野菜を育てる肥料もそのひとつです。主な理由は水質汚染です。

肥料を計画せずに土壌に投入してしまうことにより、水や土壌に汚染されてしまいます。

また河川や湖が栄養過多になることも食に関係してしまう問題です。

栽培に必要な水を使いすぎてしまうことで、水資源の減少を招いてしまう可能があります。

農薬の過剰な使用により土壌を汚染してしまうことも問題と言えます。

家畜の生産に当たっての硝酸性窒素による地下水汚濁やクリプトスポリジウムという原虫による水質汚染も大きな問題です。

海で起こる問題

土壌や河川の汚染は、放っておくとそのまま海の汚染へとつながってしまいます。

河川の汚れが海の汚染につながり、海の生物の生態系に多くの影響を与えてしまいます。

漁の仕方ばかりに目がいってしましますが、このような海の汚れから将来魚が食べられなくなってしまう可能性があります。

日本にも続々と参入するフードテック企業

このような問題を解決するべく世界ではスタートアップ企業や大手企業の参入が増えてきています。

日本市場においてもフードテック企業が続々と誕生してきております。

また農林水産省などの議会でも長期的な食糧供給が可能なサスティナビリティについて議論がなされています。

国内において需要が高まっている点として3つのことが挙げられます。

メタボが気になる中高年にも

年齢と共にメタボが気になる中高年にも良いとされています。

体の状況や食事の成約に合わせて選択できるところが支持されています。

高齢者など租借力が落ちても無理なくタンパク質を確保できる。

動物性のお肉と比べて消化吸収が良いので体の負担が軽減され、健康志向が高まりも後押ししていると言えます。

動物愛護

9月20日~9月26日は「動物愛護週間」とされています。

だんだんと動物愛護の意識が高まり、保護猫、保護犬を迎える人増えてきています。

また少しづつではありますがベジタリアンやヴィーガンの割合も増えてきています。

若者の間ではフレシキブルに対応するフレシキタリアンも増えてきています。

サステナビリティ意識

ここ数年でサスティナビリティの意識は非常に高まってきたと言えます。

特にZ世代以降の世代にとっては、サステナビリティは身近で当たり前の価値観になりつつといえます。

SNSネイティブ世代では、良くも悪くも情報があっという間に拡散します。企業は明確に消費者へ方向性を打ち出す必要があります。

SNSネイティブ世代では、良くも悪くも情報があっという間に拡散します。

企業は明確に消費者へ方向性を打ち出す必要があります。

サステナブルフードはマーケット定着するか

日本ではまだ店頭に並ぶサステナブルフードは少なく、日本にいる限り周囲にビーガンも少ない。

その為、その必要性についても、さほど感じないという感覚が一般的かもしれません。

しかしこれから台頭するZ世代の意識はほかの世代とは全く異なる消費感覚を持っていると言えます。

欧米を中心に環境問題や健康志向、動物愛護の観点からビーガンやベジタリアンなど肉食を控える動きも高まっています。

バーガーキングなどの大手外食チェーンもプラントベースドミートの使用を開始しました。

ヨーロッパでは「ベジタリンブッチャー」がコラボを行い世界45カ国でプラントベースドワッパーの販売を行いました。

代替肉以外にサステナブルシーフードも徐々に認知度が高まってきています。

養殖水産物を対象にしたASC認証という制度(生物多様性や生態系保全、労働環境、環境、社会に与える影響を軽減することを目的)

これらの「MSC認証」や「ASC認証」を取得した水産物を「サステナブル・シーフード」と言います。

サステナブルフードの通販は「ベジタリンブッチャージャパン」におまかせ

サステナブルフードなら、ベジタリアンブッチャージャパンへお任せください。

当社は、プラントベースドミートをメインに取り扱っているオランダ発のブランドです。

植物由来を原材料とした多種多様な高品質な代替肉を提供しています。代替肉を通販でお探しであれば当社をご利用ください。

サステナブルフードまとめ

Z世代を中心とする今迄なかった価値観から新しい市場が生まれようとしています。

様々なことを理解することで環境意識が高まり、取り組むべき行動が明確になると思います。

持続可能な社会の実現に向けて私たちに出来ることから初めてみましょう。

サステナブルは地球温暖化防止や自然保護にとどまらず、すべての人や地域が豊かになることで貧困や飢餓がなくなります。

同時に、限られた資源を有効に分け合うことで平等で公平な持続可能な社会が実現します。

資源も使いすぎず、未来の世代も平和にで豊かに、ずっと生活をし続けていける社会を目指しましょう。

ベジタリンブッチャーのコンセプトストアではサステナブルフードを提供しております。

ぜひホームページをご覧ください。