プラントベースドミート|代替肉|PBM|ベジタリアンブッチャージャパン

ヴィーガンはガンになりやすいって本当?その真実について検証!

6 Jan 2022

どんな人でも、大病を患うのは絶対に嫌なはずです。

たくさんある病気のなかでも、できれば避けたいのがガンです。

実は、ヴィーガンはガンになりやすい、というウワサを耳にしますが実際のところはどうなのでしょうか。

そこで今回は、ヴィーガンのガンの事実についてお話ししますので参考にしてみてください。

人がガンになる原因を知っておこう!

実は、日本人の2人に1人はガンになると言われています。

生涯においてガンに罹患する割合は、男性が55%、女性が41%と言われており、かなり高い確率ではないでしょうか。

さらに、日本人の3人に1人はガンで亡くなるため、非常に大きな問題と言えます。

ガンには多くの種類があり、胃がんや肝臓がん、肺がん、大腸がんなどあげればキリがありません。

そもそも、なぜ私たちは突然ガンになってしまうのでしょうか。

タバコ

好んでタバコを吸っている人は非常に多いですが、それがガンの原因になる可能性があります。

とくに、タバコを吸っている人は肺がんになりやすい傾向にあります。

また、タバコを吸っていなかったとしても、副流煙の影響によりガンになってしまうことが懸念されています。

お酒

実はお酒の飲みすぎも、ガンの原因と言われています。

なぜなら、お酒を飲むことにより体内に入ったエタノールがアセトアルデヒドという発がん性が示されるものにかえられるからです。
また、お酒中心の生活になると食事も偏ってしまう傾向にあるため、ガンにつながります。

食べ物

ほとんどの食品には、ガンになるものは含まれていないと言われています。

しかし、牛や豚などの赤肉に関して言えば、大腸がんになるリスクがあると言われています。

ですから、主に肉食であれば、ガンになりやすくなってしまう可能性があります。

食べ物でガンから遠ざけるためには、野菜や果物をしっかり食べることが重要とされています。

運動

運動しない人は不健康だと言われてしまいます。

なぜなら、運動不足により体力が低下しますし、なにより肥満の原因となってしまうからです。

運動を定期的に行うことで体力がつき、肥満の解消にもなるためガンを含む大きな病気とは無縁の生活を送れます。

ヴィーガンに関連する記事はこちら⇒ヴィーガンとは?今注目されているヴィーガンについて徹底解説!

肉がガンになりやすいと言われている原因

肉を食べ過ぎると体に悪いと言われていますし、ガンにもなりやすい可能性があります。

しかし、なぜ人間にとって必要な肉がガンになりやすいのでしょうか。

まず、大腸がんになりやすのは、ヘムや硝酸塩、亜硝酸塩、複素環式アミン、多環式アミンなどが該当します。

ヘムは赤肉に含まれている成分で、硝酸塩などは、肉の鮮度を保つために用いられています。

また、肉を調理することにより複素環式アミンなどが生成されますが、これらはすべてガンのリスクを増加させてしまいます。

少しの肉では変化がありませんが、どんどん蓄積していくことで胃がんなどの病気を患ってしまいます。

ヴィーガンはガンになりやすい?なりにくい?

肉を食べないヴィーガンであれば、ガンとは無縁そうな生活を送っているはずです。

実はヴィーガンは、ガンになりにくいと言われています。

なぜなら、大豆を中心とした野菜を食べているからです。

大豆をはじめ、野菜はガン予防に効果的と言われ、さらに糖尿病などのリスクも抑えてくれます。

つまり、ガンの元になりやすい肉を避け、ガンの可能性をなくす野菜を食べているからこそ、ヴィーガンは健康でいられるというわけです。

ただし、ヴィーガンが100%ガンにならないわけではありませんので要注意です。

ヴィーガンでもガンを避けて肉を食べたい

どんな人でも、ガンにならずに肉を食べたいと思うのではないでしょうか。

実は、ヴィーガンやベジタリアンをはじめ、人気を集めている食べ物があります。

それはプラントベースミートです。

プラントベースミートとは代替肉とも呼ばれ、大豆を中心とした植物性原料で作られた肉のことを指します。

まずは、プラントベースミートの基礎情報からお話しします。

プラントベースミートの主原料は主に大豆ですが、普通に考えますと、豆を加工したところで見た目も食感も変わらないのでは、と思ってしまうかもしれません。

ですが、今の加工技術はすごいものがありまして、大豆なのに加工すると本当の肉のような食感や味になります。

信じられないかもしれませんが、肉を食べられないヴィーガンやベジタリアンが、肉を食べたいときに代用するのがプラントベースミートです。

そもそもプラントベースミートは動物性原料が一切入っていないため、安心して食べられます。

プラントベースミートの良さについて

プラントベースミートの良さは、決して見た目や食感だけではありません。

コレステロールが含まれていない

コレステロールが多く含まれている食品を過剰に食べますと、動脈硬化などの原因につながります。

しかし、プラントベースミートの主原料でもある大豆には、コレステロールが一切含まれていません。

つまり、プラントベースミートは、肉のかわりにもなりますし、コレステロールが含まれていないため健康に気遣えます。

低カロリー

ヴィーガンでガンを気にされているのであれば、確実に健康重視の食生活を送られたいはずです。

プラントベースミートは、基本的に植物性原料を使っているため、低カロリーという特徴があります。

高たんぱく

肉には多くのたんぱく質が含まれており、それは私たちにとってなくてはならない存在といえます。

しかし、ヴィーガンの場合は肉を食べないため、たんぱく質がかなり不足してしまう場合があります。

たんぱく質が不足すると、筋肉量の低下をはじめ、免疫力まで失われてしまいます。

結果的に、病気になりやすい体質となってしまいますが、プラントベースミートは高たんぱくですから肉のかわりになる食品と言えるでしょう。

ヴィーガンでもガンにならないためにはバランスのとれた食事が重要

ヴィーガンであれば、野菜や果物を中心とした食生活ではありますが、それですと肉のように必要とされる栄養素が不足してしまう可能性があります。

とくに、たんぱく質で肉に匹敵する食品は、卵や大豆のみといっても過言ではありません。

つまり、プラントベースミートであれば、大豆を食べられるため、積極的に取り入れるべきではないでしょうか。

しかもプラントベースミートはただの大豆ではなく、見た目や食感が肉ですから、満足感は桁違いのはずです。

結果的に、バランスのとれた食事によりガンの可能性が低くなります。

ヴィーガンで健康的に生活したい!代替肉の「ベジタリアンブッチャージャパン」へ

もし、ヴィーガンで偏った食生活をしていて、将来ガンの心配があるとのことでしたら、高たんぱく低カロリーのプラントベースミートを利用してみてはいかがでしょうか。

プラントベースミートを専門に取り扱っているのが、ベジタリアンブッチャージャパンへです。

当社は、さまざまな国でオリジナルのプラントベースミートを実店舗や通販で販売しています。

もちろん、日本でも通販をはじめ実店舗でプラントベースミートを取り扱っているため、気軽にご購入ください。

ヴィーガンのガンのまとめ

ヴィーガンは食事の内容を見ますとガンになりにくいとされています。

しかし、あまりにも偏った食生活をしていますと、ガン以前に他の病気になる可能性があります。

しっかりバランスよく食べることで、いつまでも健康的でいられることでしょう。